×

記事検索

商品検索

令和4年度の最低賃金改定額が決定!全国平均で31円アップ!

令和4年度の地域別最低賃金額が決定しました。
すでに報道されているように、今年度は例年よりも増額傾向にあります。

では、どのくらい増額されたのでしょうか。
都道府県ごとの最低賃金を見ていきます。

令和4年度 地域別最低賃金の改定額一覧

全国都道府県別の最低賃金改定額は以下の表の通りです。

都道府県 令和4年度
改定額
令和3年度 増額 発効年月日
北海道 920円 889円 31円 令和4年10月2日
青森 853円 822円 31円 令和4年10月5日
岩手 854円 821円 33円 令和4年10月20日
宮城 883円 853円 30円 令和4年10月1日
秋田 853円 822円 31円 令和4年10月1日
山形 854円 822円 32円 令和4年10月6日
福島 858円 828円 30円 令和4年10月6日
茨城 911円 879円 32円 令和4年10月1日
栃木 913円 882円 31円 令和4年10月1日
群馬 895円 865円 30円 令和4年10月8日
埼玉 987円 956円 31円 令和4年10月1日
千葉 984円 953円 31円 令和4年10月1日
東京 1072円 1041円 31円 令和4年10月1日
神奈川 1071円 1040円 31円 令和4年10月1日
新潟 890円 859円 31円 令和4年10月1日
富山 908円 877円 31円 令和4年10月1日
石川 891円 861円 30円 令和4年10月8日
福井  888円 858円 30円 令和4年10月2日
山梨 898円 866円 32円 令和4年10月20日
長野 908円 877円 31円 令和4年10月1日
岐阜 910円 880円 30円 令和4年10月1日
静岡 944円 913円 31円 令和4年10月5日
愛知 986円 955円 31円 令和4年10月1日
三重 933円 902円 31円 令和4年10月1日
滋賀 927円 896円 31円 令和4年10月6日
京都 968円 937円 31円 令和4年10月9日
大阪 1023円 992円 31円 令和4年10月1日
兵庫 960円 928円 32円 令和4年10月1日
奈良 896円 866円 30円 令和4年10月1日
和歌山

889円

859円 30円 令和4年10月1日
鳥取 854円 821円 33円 令和4年10月6日
島根 857円 824円 33円 令和4年10月5日
岡山 892円 862円 30円 令和4年10月1日
広島 930円 899円 31円 令和4年10月1日
山口 888円 857円 31円 令和4年10月13日
徳島 855円 824円 31円 令和4年10月6日
香川 878円 848円 30円 令和4年10月1日
愛媛 853円 821円 32円 令和4年10月5日
高知 853円 820円 33円 令和4年10月9日
福岡 900円 870円 30円 令和4年10月8日
佐賀 853円 821円 32円 令和4年10月2日
長崎 853円 821円 32円 令和4年10月8日
熊本 853円 821円 32円 令和4年10月1日
大分 854円 822円 32円 令和4年10月5日
宮崎 853円 821円 32円 令和4年10月6日
鹿児島 853円 821円 32円 令和4年10月6日
沖縄 853円 820円 33円 令和4年10月6日
加重平均 961円 930円 31円

最低賃金は全国平均で31円の増額に

令和4年度の最低賃金は30円~33円の増額で、全国加重平均でみると31円の増額です。
昨年度が28円の増額だったので、3円とはいえ改定幅は大きいといえます。
31円÷28円×100%≒110% と考えると10%の増加です。

参考までに、この5年間の最低賃金改定額も見てみましょう。

改定額(全国平均)前年比
平成30年度874円26円
令和元年度901円27円
令和2年度902円1円
令和3年度930円28円
令和4年度961円31円
※令和2年度はコロナ禍による経済・雇用への影響を考慮し、少額改定。

令和4年度の最低賃金の改定額決定については最近の物価上昇等、いろいろな事情はあるかと思われますが、それでも増額幅が大きいことがわかります。

最低賃金水準の時給でアルバイトを多く採用している企業様だと特に影響も大きくなりそうです。

大阪府の最低賃金もついに1,000円台へ

大阪府の最低賃金は31円の増額です。
それにともない、東京都(1,072円)、神奈川県(1,071円)に続き、大阪府も最低賃金が1,000円を超えることになりました。

令和4年度 大阪府最低賃金:1,023円

これからも大都市圏を中心に、最低賃金が1,000円を超える地域が増えそうです。
来年度(令和5年度)に1,000円を超えそうな地域というと、こちらでしょうか。

  • 埼玉県:令和4年度最低賃金 987円
    (1,000円まであと13円)
  • 千葉県:令和4年度最低賃金 984円
    (1,000円まであと16円)
  • 愛知県:令和4年度最低賃金 986円
    (1,000円まであと14円)

最低賃金には周知義務があります

ところで最低賃金には周知義務があります。

最低賃金の適用を受ける使用者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該最低賃金の概要を、常時作業場の見やすい場所に掲示し、又はその他の方法で、労働者に周知させるための措置をとらなければならない。

最低賃金法 第8条(周知義務)

厚生労働省または各都道府県労働局で周知用のポスターなどを用意していますので、それらを活用するのもよいでしょう。

2022年改正最低賃金

最低賃金広報ツール
【厚生労働省】
最低賃金に関する特設サイト

名目賃金と実質賃金の違いは?物価を考慮した賃金の考え方

お買い物カゴに追加しました。